So-net無料ブログ作成

介護男子KOUの日記

介護業界で働く20代男。職場の事や高齢社会について綴っていきます。

老人保健施設の介護職員を6ヶ月で退職しました。

2015年5月19日㈫

老人保健施設の介護職員を6ヶ月で退職しました。



やっとって感じですね(^_^;)

退職理由としては、職場に対して、人間関係に対して、
自分なりに納得いかない部分がいろいろありまして・・・

まだ自分が未熟な人間ということなのかもしれません。

あとは、やりたいことを優先させたいからっていうのが大きいです。



1ヶ月間くらい休職していたのですが、
先日、ようやく退職の手続きをしに職場に行きました。

事務長と介護の主任がいて少し話をしましたが、
彼らの顔色とか見てるとやっぱり介護職は人手不足だからやめてほしくないんだろうなと思いました。


ちなみに、私の職場は2014年度末に介護職員が大量に退職していきましたからね。
計5名くらいかな。

それだけいっきにやめる職場ってやっぱりおかしいと思います。
普通の会社ではあり得ないことでしょう。
人材の流出が激しい介護業界ならでわです。


考えられる原因としては、
・労働環境の悪さ(低賃金、重労働)
・人間関係(教養の低い人間が多い傾向にある)
このへんなのかもしれません。

特に今の介護業界は人材不足が深刻であり、
それが故に優秀な人材でなくても簡単に就職できる風潮にあります。


だからこそ、上層部が改善していく必要があるし、
業界だけでなく国としてももっと色んな取り組みを講じる必要があります。




でも、結局仕事は、人間関係です。

仕事は”何をするか”よりも”誰とするか”の方が大事だと思います。

そういう意味では退職して本当に良かったといえるように今後の人生をしっかり歩んでいきたいと思います。


約6ヶ月、老人保健施設で勤務させてもらったわけですが、
今の介護現場を生で見れたのはとても大きなことですし、
人間関係ふくめていろいろと学ぶことが多かったです。


今後はこの経験を活かして、
大学時代に取得した社会福祉主事任用資格もあることだし、
相談員に転職するか、介護分野で何か貢献していきたいと思います。


【一番安く資格をとるならココ→】 介護・福祉・医療の資格情報
スポンサード リンク
〈スポンサード リンク〉

Facebook コメント

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。